面取り加工。独特な風合いが周りとの差をつける-Chamfering

面取り加工とは、広くは角部を削る加工とされています。触れた際の尖りをなくし、触り心地の良さを求めるだけでなく、怪我防止にも用いられています。また、機能的な面だけでなく、独特な立体感は高級感を演出する際にもおすすめ。アクセサリーや雑貨、販促品等々、数多くのオリジナル製作(OEM)で用いることのできる技術です。面取りを行うだけで完成度が大きく変わると言っても過言ではありません。

手作業による細やかな作業

面取り加工。独特な風合いが周りとの差をつける-Chamfering画像0

アヴァンセでは、多くの面取り加工を手作業にて行っています。
現在機械化が広く進んでいる中で、手作業による独特な風合いは失われつつあります。オリジナルアクセサリーの製作(OEM)を検討していらっしゃるユーザー様には、ぜひ一度おすすめしたいこの風合い。
コスト感を考慮し、機械をおすすめする場面もあるかもしれませんが、この雰囲気がまさにMade in Japanの品質なのではないでしょうか。
機械では難しい角度を生み出せる、バリエーションの豊富さもオリジナルアクセサリーの製作(OEM)には大変おすすめです。
高い質を維持しながら手作業ならではの風合いを提供できるのも、アヴァンセならでは。
ご自身での製作やDIVの場面ではまっさきに機械化される部分かもしれませんが、ここを手作業で行うことで、ぐっと雰囲気が良くなります。
ぜひ一度、オリジナルアクセサリーの製作(OEM)の際にはご相談くださいね!