カスタムピックガード製作依頼

POINT!

①お客様がサンプルと絵型を持参していただきました。
②イラストレーターのデータも支給していただきました。

01
FLOW

ご依頼後の流れ

予め多くのご質問やご要望を頂戴し、丁寧にヒアリングさせていただきます。
avancer(アヴァンセ)にてご依頼いただくことが決定した後に、更に細かい仕様の打ち合わせをします。
OEM(オリジナル製作)において、完成はイメージが非常に大切。今回はお客様がサンプルと絵型をご持参いただいたため、ゴールは比較的明確になっていました。

具体的な打ち合わせの内容は、厚み・面取り有無・アクリルカラー・色入れのカラーなどなど。
今回のケースでは、イラストレーターのデータも支給していただいているため、そのデータを入念にご確認します。
(弊社でデータを作成することも可能です。別途料金が発生いたしますので、お気軽にご相談ください。)

02
FLOW

支給いただいたデータをチェックし、ロゴの位置など気になる箇所を再調査しました。
ご希望のアクリル板を画像で送って確認しました。

いただいたものを淡々とこなすだけがavancerではありません!
良いモノづくりのため、こちらからもご提案させていただいています!
また、現在はさまざなツールを用いてすぐにお客様が確認できる体制を大切にしています。
実際に見てみなければ細かい点は分からないこともありますが、画像などでお伝えできるところはデータを使って速やかに共有し、納品までのスピード感を生み出すよう心掛けています。

03
FLOW

打ち合わせが終わり、目指すべきゴール地点が固まったら本格的に制作を開始します。
レーザー加工機で彫りとカット作業を行います。
その後、面取り機で側面に傾斜を付けてます。(写真)

04
FLOW

次に穴あけ加工です。
お客様のイメージと乖離がないか、実物を確かめながら進めていきます。

05
FLOW

面取りした箇所を手磨き仕上げでキズ取りし、艶出しもします。

06
FLOW

次に色入れ作業です。
アクリル板への色入れは、職人技術の必要な工程でもあります。
だからこそ国内一貫製造のavancerならではクオリティが光る部分でもあります。

07
FLOW

これらの工程を経て、ピッグガードの完成です!
avancerでは定番のアクセサリーだけでなく、このようなアクリルを用いたピッグガードや什器、インテリアなどなど様々なOEMの実績がございます。
ぜひ一度、ご相談くださいませ。

CONTACT
いつでも寄り添える存在でいられるよう、
親切丁寧なご対応をいたします。

    メールアドレス 必須

    お名前(法人様の場合は法人名) 必須

    フリガナ 必須

    電話番号

    FAX番号

    添付ファイル

    お問い合わせ内容必須