絶妙な力加減が必須。穴あけの秘訣とは-Drilling

ボール盤を用い、素材に対して穴を開ける技術です。
その他の機械を用いて穴を開ける事は原則可能ですが、細かな部分は手作業で行っています。
絶妙な力加減が求められる場面ではありますが、その分機械では味わえない仕上がりを実現しています。
機械作業では実現できない部分に対するきめ細やかな対応は、オリジナルアクセサリーの製作(OEM)でも重宝する技術となっています。
コンピューターを介した機械の性能が向上していく現状はあり、ご自身の手での製作やDIYの場面でも取り入れられている方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、まだまだ熟練された技が必要となる作業です。ぜひavencerのOEM・オリジナルブランドから細かな穴あけの職人技を確かめてみてください!

絶妙な力加減

絶妙な力加減が必須。穴あけの秘訣とは-Drilling画像0

こちらが穴あけ作業を行う機械、ボール盤です。
下部画像のように素材をセットし穴を開けていくものですが、絶妙な力の匙加減がなくては均一な穴をあける事が難しい作業です。
そして丁寧に管理された仕上がりは、機械では出せない一味違う風合いを生み出しています。これも熟練した職人ならではの技術になっています。
絶妙な位置に穴あけが必要なオリジナルアクセサリーの製作(OEM)場面で、この匠の技が発揮されています。